【動画】風を動力にして動く生命体「ストランドビースト」がまあまあキモい件…

ストランドビーストとは、オランダの彫刻家・物理学者テオ・ヤンセンによる「風を動力にして動く」作品群の名称。

「STRANDBEEST」という名前はオランダ語で、砂浜を意味する”Strand”と生命体を意味する”Beest”の2語を繋げたものらしい。

 

テオ・ヤンセン (彫刻家) - Wikipedia

 

日本ではテレビCMに使われたこともあるので、見たことのある人も多いかもしれない。

このストランドビーストは年々「進化」しているらしく、今年のストランドビーストがまあまあ気持ち悪いので見てほしいな笑

STRANDBEEST EVOLUTION 2018

腹ばい?になったような形状とか、うねるように動く背中?とか、個人的にはすごく気持ち悪い。気持ち悪いのに、つい見ちゃう。

彼としては、「気持ち悪い」と思わせることも「狙い」なんだろうなぁ。

 

「大人の科学マガジン Vol.30」には「ミニビースト」がついているらしいので、興味のある人は調べてみてはいかがかな。

改造版テオ・ヤンセン Theo Jansen のミニビースト 大人の科学M Vol.30

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

音楽とお酒とタバコを愛する40代男性。→禁煙中
今年の夏の推しは「男梅サワー」。

Peaky Speaky をフォローする
スポンサーリンク
Peaky Speaky をフォローする
スポンサーリンク
Peaky Speaky

コメント