韻を踏む言葉を検索できるサイト「韻ノート」が面白い

韻(いん)を踏む言葉を検索できる「韻ノート」というサイトが面白いので、ご紹介します。

韻を踏む言葉の検索サイト【韻ノート】| 韻の辞書と解説/保存が可能
日本最大級200万語以上の韻を踏む言葉を検索可能。どのラッパーが踏んだ韻かも調べられます。母音検索や漢字での検索も可能で、気に入った韻を保存したり、韻の解説を見たりできます。

 

例えば「墾田永年(こんでんえいねん)」と入力して検索してみると・・・

in-note

 

出た!

in-note

 

「ぽっぺん先生」「ローゼンメイデン」などで韻が踏めるようです。

ぽっぺん先生ってなんやねん。

 

(参考:こんでんえいねんしざいのほう)

墾田永年私財法 - Wikipedia

 

確かに「墾田永年」「ぽっぺん先生」は音が似ているような気がしますね。

このサイトではどのような基準で「韻を踏めるか」どうかを判定しているのかというと、

複数の言葉の母音を合わせることを「韻を踏む」と言います。たとえば、「広島カープ」「新古今和歌集」という2つの言葉は、以下のように母音がすべて一致しています。

in-note

 

ということのようです。

なるほどわからん。

 

せっかくなので、先ほどの「墾田永年」をラップ調で歌ってみましょう。

 

ぽっぺん先生!

ローゼンメイデン!

墾田永年!

私財法!

 

か、かっこいい・・・かな・・・?

 

実際にやってみると、気持ちの良い言葉の組み合わせを見つけるのは意外と難しいことが分かります。

音が似ているかどうかはもちろんですが、リズム的に気持ちが良いかどうかも重要なポイントになりますね。

 

皆さんもぜひ、試してみてください。(ぽっぺん先生より)

 

(参考記事)

Twitter民「小学生の甥っ子が書いた詩が男らしい」→リズム感がすごい名作だった!
ネット上で、「小学生の甥っ子が書いた詩が、あまりにも男らしすぎる」というというツイートが話題となっている。 下がそのツイート。 「女を求めて」 女を求めて旅に出る 女をさがして旅に出る どんなに強い

 

コメント